ツーリングの準備

 寒さのピークは過ぎた感じの鎌倉。まだ寒いのは寒いけれど、以前というか数年前でももっと寒い日は多かったはずだが…

 裏を返せばその分、夏は酷い状況になると今から想像がつく。酷暑のツーリングはイヤだ。ちょい寒の方がいい。

 ”夏といえばツーリング”という時代が懐かしい。

 

 この雑誌を買ったのは初めてで、伊豆が特集されていたから。「モトツーリング」。

 今年すでにスーパーカブ110(JA07)とレブル250(MC13)で、熱海と伊東に行ったのだが、伊豆って思っていたよりボリュームがあるなと感じた。

 旅の予習はしない主義だが、日帰りだとある程度エリアを絞っていかないと消化不良になりそう。

 モトツーリング誌の伊豆特集も「東伊豆」「南伊豆」「西伊豆」「中伊豆」と地域別に分析していたので参考にしたい。

 

 と、その前に前回の伊東ツーリングの時に壊してしまった革ジャンパーのファスナーを修理に出さないといけない。

 ファスナー差し込み部が欠損してしまった。ファスナー自体も途中から開いてしまう時があったのでファスナーごと交換したい。

 近くで修理してもらえそうなお店を見つけたので、これから持って行く予定。

読みが甘い

 我が家のスズキ エブリィのリモコンキー機能がダメになった。

 キーのボタンを押すと、ハザード点滅と同時にカチャとロックが解除するあのシステム。

 ドアにキーを差し込んで回せば解錠&ロック出来るし、エンジン始動も同様なので使用には差し障りないが、使っていた機能が使えないと不便ではある。

 

 キー内蔵の電池が無くなったのだろうとドライバーで分解し、同じ電池を購入してきてトライしてみたがダメ。ネットで検索していくつかトライしたがやはりダメ。

 これは車のレシーバー側の問題と結論づけて一旦保留にしたところ、昨晩妻いわく、リヤゲートが半ドアだったみたいで、ちゃんと閉めたらキーが反応したとのこと。良かった。

 

 先週の第3木曜(定休日)に、伊豆の河津桜が見ごろということでレブルで向かった。途中、伊東あたりで雲行きが怪しくなりポツポツと雨が降ってきた。

 南国ムードを醸し出しているJR伊東駅。雨が降りだす直前。

 湘南地区は雨予報はなくレインスーツを持参しなかったので、ここでUターン。河津桜には辿りつけず残念。

 雨に追われて、西湘バイパスを燃焼室のカーボンを除去する走りで急いだこともあり(実は往きも)、燃費は30㎞/Lを割って約28㎞/L。

 昨秋の山梨ツーリングの時は40㎞/Lだったので、やはりキャブ車はインジェクション車と比べると乗り方でかなり燃費が変わるようだ。

 平日の木曜日だが案外車の交通量は多かった。が、バイクの駐輪場はごらんの通りガラガラ(於 道の駅伊東マリンタウン)。

 伊東といえば、日本代表の彼はどうなってしまうのだろう。母校出身の数少ないスーパースターだけに気がかりだ。

 

 

 

 

魔除け

 物にも魂があると感じるのは、日ごろ修理の仕事に携わっているからだろうか…

 なので、この世に生まれてきた物はなるべく使ってあげたい。

 

 エンジンが壊れて、新車に買い替える選択をしたお客さん。

 でも今まで使っていた車両に愛着もあり、まだ使えるフロントバスケットとリヤキャリアを移植してほしいとのこと、快く引き受けた。

 

 エンジンが壊れるまで参戦を続けようと思っているカブカップは、全戦出場ではないが、2015年の8月から昨年12月の最終戦6時間耐久まで完走し、いまだ壊れる気配はない。なんという耐久性だ。

 ということで今年も参戦決定。寿司屋クラス(≒ノーマル50㏄)は第1戦が日曜日(4/28)開催なのでエントリー予定。

 そしてペアライダーにはカブカップデビューとなるN君を迎えることになった。

 N君にはオートバイを降りた弟の革ツナギを着てもらう。使ってもらえてツナギも喜ぶだろう。

 

 さて、こちらは今年も出番が無さそうなオフロードプロテクター。

 埃をかぶって重ねられて見るに忍びなかった。軽く洗って、作業場に魔除けとして吊るすことにした(笑)。

社長のイス

 還暦を機に飲酒はやめたけれど、暖かくなったら還暦飲み会でもやろうと学生時代の同期数人と打ち合わせしている。

 モトGPのワークスチームでメインスポンサーの某企業で部長していたり、トラックメーカー系列会社の重役だったりと出世している同期が誇らしい。

 

 そういう私も取引先の営業さんからは「社長!」と呼ばれて面はゆいが、そんな私にふさわしかったパイプ椅子が金属疲労で壊れてしまった。

 ということで先日、そんな私にふさわしい新しい椅子を買いに行ったのだが、見本の椅子をあれこれ試し座りしていてコレに出会ってしまった。

 予算は特に考えていなかったけれど、モリワキのカブマフラー1本でこの椅子2つも買えるのかと思い決めてしまった。税込み¥19,990。お値段以上のあの店だ。

 ゲームetc用のイスみたいだけど、腰に負担がかからず事務作業にも快適だ。

 出世できずとも、もっと早く出会いたかったそんな椅子だ。

カンちがい

 今日、妻は会社を休み、お義母さんを県民ホールでの演歌歌手のコンサートに連れて行く予定。

 それならばということで、たまたま休みだった義兄が車で連れて行ってくれることになった。

 妻は自宅で待機していたが、どうやら義兄とお義母さんは直接会場に向かったらしく、あわてて先ほど電車で横浜に向かったようだ。今朝、妻とお義母さんは電話してたのにどこで勘違いしたのだろう(笑)。

 

 スーパーカブ110にモリワキを装着して満足なのだが、やはり欲をいえばメガホンではなくストレートが良かった。こんな感じで。

 ちなみにこのバイクが分かる人はなかなかのマニアック。こんな立派なキャストホイールなのにチューブタイプというのがヒントになるかな…

 

 さて、本日入庫した修理のバイク。このストレートマフラーだと細過ぎです(笑)

 

マスター

 仕事場だとこの時期、お湯を沸かして淹れたインスタントコーヒーもしばらくするとアイスコーヒーになってしまう。

 そんな時、喫茶店でちゃんとしたホットコーヒーが飲みたくなる。

 喫茶店のイメージは人それぞれだけど、スタ〇とかコメ〇じゃなくてマスターが個人でやってる昭和な喫茶店で、750ライダーの「ピットイン」や、タッチの「南風」などが私のイメージです、漫画ですが。

 

 先日、たまに寄るブックオフに行ったら、リニューアルされて売り場が拡くなっていた。そこで見つけてしまったんですよ「軽井沢シンドローム」。もう40年前!の名作です。

 作者の描く車やバイクが素晴らしくて、いち時期ジープに憧れたものです。でもジープは無理なのでジムニーを買いました。インタークーラーじゃないターボ。

 軽井沢シンドロームに登場する喫茶店は「ら・くか」。この名前も忘れませんね。

 

 先日、これが3人目?かな…お客さんから「マスター」と呼ばれました。

 今からホットコーヒー淹れてみよっと(笑)

木曜日の試走

 第1、第3木曜日を定休日に加えることにした2024年(令和6年)。

 1月4日(木)までが正月休みだったので、実質的には1月18日の第3木曜日がその始めということになる。

 この木曜休日を平日ツーリングに使いたいとは考えていたが、なにも一年で一番寒いこの時期に行かなくてもいいかとは思った。

 だがしかし、モリワキ メガホンマフラーを買ってしまったので試走もしてみたい。

 ということで、朝の寒さも一段落した午前10時頃に鎌倉をスタート。混雑必至の休日ならまず向かわない海岸方面を西へ走り始めた。

 お昼くらいにUターンと決めて、とりあえずどこらあたりまで行けるかな…どこらあたみだった(笑)。

 途中、トイレ休憩で小田原をウロウロしたりもありの2時間足らずで県またぎ。

 平日木曜は道路の混雑も無く走りやすくていいね、と想定どおりがうれしい。

 

 さてモリワキマフラーの印象はというと、

 エンジン回転数はタコメーターが無いから分からないけど、中回転域おそらく4,5000r.p.mあたりからパワー、トルク感が増して回転上昇も速くなり、ノーマルマフラーで感ずるエンブレがいい意味で緩和され、全体としてスポーティなフィールに。

 また、音量と音質は不思議なもので、当初かなり静かと感じていたが、慣れると逆に路面や壁などの反響もあってパルスのある心地よい響きになってくる。

 なんだかずっ~と乗っていたい気持ちにさせてくれる。カブ楽し(笑)。

 

 ちなみに ”寛一 お宮” の今月今夜って、1月17日 のようで昨晩だったのね。あら、いいタイミング。

 ということで1月18日(木)の走行距離は137km。使用ガソリン2,5Lは燃費約55km/L。スーパーカブ110プロ(JA07)より悪いのは、ちょっと飛ばし過ぎた?(笑)