資格

 今朝、出勤のため家を出たところで、ゴミ出し帰りのお隣の高齢のご主人から呼び止められた。

 どうやら足を傷めて動けなくなってしまったらしい。

 すぐに奥様にお声かけして出てきてもらったが、高齢のお二人ではどうにも出来そうもなく、私がご主人をご自宅の中までおんぶして、とりあえず椅子に座っていただいた。

 さて、この後どうしたものかと思ったが、たまたま今日、病院に行く予定だという。

 タクシーを使うと思われるが、もし動けないようなら救急車をお願いして下さいと伝えてお隣宅を後にした。

 実はわたくし、ヘルパー2級(今は介護資格初任者研修というらしい)の資格を持っている。

 バイク屋業がダメになったら、介護タクシードライバー(要ヘルパー2級)になろうかと考え、仕事休みの日曜日に約半年かけて受講した。もう10年以上前になるのか…

f:id:fineroad:20210922131013j:plain

 それにしても、まだまだお若くお元気だと思っていたお隣さんが、間近で接するとこんなに歳をとっていたのかと驚いた。

 

 自動車免許の更新をしてきた。

 心配だった視力検査も裸眼で大丈夫だったし、深視力もなんとかクリア出来た。

 深視力…実はわたくし、大型免許を持っている。

 バイク屋業がダメになったら…以下略。

 たまたま優良運転者の私は、鎌倉警察署で即日交付を受けられる。免許証の写真のため前日に床屋さんに行き、当日も帽子・ヘルメットを被らずに自転車で行った。

f:id:fineroad:20210922132329j:plain

 鎌倉警察署の駐輪場はけっこう空いてて、バイクでも余裕かも。

 ところで、出来上がった免許証の写真を見ると、自分のイメージより5歳以上老けたオヤジが写っていた(泣)。

買えてよかった

 秋の夜長ですね。夜は涼しくなって過ごしやすくなりました。

 夜くらいは画面を見るより、自分のペースで活字を読みたいと思うようになって久しい。

 ところが、横になりながら本など読んでいるとすぐに寝入ってしまうという老化現象に見舞われ、読みたい気持ちは空回り。ブックオフの100円(110円)マジックにやられて読みかけの本も多し。

 こんな時は漫画に切り替えてみるのも良いかもしれない。

 

 コミックの「今夜は車内でおやすみなさい。3」が最近発売になったことは知っていた。ところが先の日曜日に藤沢駅近くの大型書店2軒を廻ったが、売り切れていた。大人気なのである。

 

 なるべく書店で買いたい派なので、ネットで書店在庫(便利になった)を調べると、藤沢市のショッピングモール内の書店に在庫があった。

 電話で取り置きをお願いするのも申し訳ないので、仕事帰りに寄ってみたが、閉店時間も近いしコミック売り場が広すぎて、結局店員さんにお願いしてしまった。

 端末で調べた後、棚や引き出しを一生懸命探してくれたが見つからない。

 少しの差で売り切れてしまったかと諦めかけたところで店員さんが、少し場所ちがいの棚にある最後の在庫1冊を見つけてくれた!

f:id:fineroad:20210916085304j:plain

 買えてよかった。書店と店員さんに感謝。これも本の付録。

 

 いつも読ませていただいている、ブルさんのブログで「わたせせいぞう」さんの本に触れられているのを見て、自分も読みたくなってしまった。

 ブックオフを数軒廻ったが見つけられず、インターネットで上田市古書店から購入。こういう場合のインターネットの威力は凄いと言わざるを得ない。

 本が届いて驚きだったのはその質感。絵本のようなちょっとぜいたくな作り。縦265㎜×横190㎜も規格外の特注サイズと思われる。ちょっとしたインテリアだ。

f:id:fineroad:20210916090928j:plain

 昭和62年出版で定価¥1,300円。もちろん消費税など無い時代。それを送料込み、半額以下で購入出来た。

 

 さて、表紙の男性とトライアンフにどんなドラマがあるのか、秋の夜長に1ページづつゆっくり楽しませてもらうことにしよう。

なんのばぁ

 9月の寂りょう感を現すのにピッタリな曲だなぁ~と思うのが、クレージーケンバンドの「せぷてんばぁ」だけど、今年はオリ・パラもあったからよけいに沁みる感じがする、今日この頃です。

 

 突然ですが、問題です。先日、私がたまたま入手したこの棒のようなものは何でしょう?                 (ヒント)左足の自由が利かない時に便利

f:id:fineroad:20210908103911j:plain

 

 ところで、特にマイナースポーツにとって、競技を知ってもらうという点でオリンピック・パラリンピックは最高の機会だろう。

 

 以前から面白いとは聞いていた、車いすバスケットの試合を初めてちゃんと見た(もちろんテレビで)が、TOKYO2020で私の中では一番印象に残った。

 コートの大きさ、リングの高さやボールも普通のバスケットボールと全く同じということに驚かされたし、障害に合わせたコート上の5人合計ポイントルールも絶妙だと思うし、車いすもカッコいいし、選手のキャラもなかなかで、鳥海選手なんか大ブレイクしそう。

 練習でもいいから一度生で見てみたいものだと思ったら、鳥海選手の所属チームは鎌倉市のお隣の藤沢市と新聞記事にあった。

 秋葉台体育館あたりが練習拠点かと思って調べると、明治中学校の体育館を週2回、曜日固定で使用させてもらっている状況で、これがマイナースポーツの現実だろう。

 今回のパラリンピックの活躍で、選手たちの環境面が改善・向上することを願う。

 

 さて、クイズの正解はこれ。

f:id:fineroad:20210908111059j:plain

 カブのシフトペダルの替わりのハンドシフトバーでした。

 何らかの理由で左足の自由が利かない時などにいいかもしれない。

 そんな時にバイクに乗るな!とか、スクーターの方がいいじゃん!などとカブ乗りに言ってはいけないんだってばぁ。試乗OKです(笑)

旧慕、急募

 数年振りにお会いしたお客さん(女性)に、ちょっと太った?と言われて焦った。

 

 そう言われたこともあって、9月になったとたん急に涼しくなったので、自転車をやめて徒歩で出勤してみたら、自転車ってなんて楽で速いんだろうと思った(笑)。

 

 自転車で痩せようとするなら、やはりもっと長い時間乗らないとダメですね。

 

 自転車といえば先日、何年振りぶりだろうかの知人から電話があった。

 「久しぶり~、元気~、自転車で通勤してるんだ~、ブログみたよ~」

 と、かつてお世話になった業界の先輩からだった。

 

 彼は以前、鎌倉でカワサキメインのショップを経営していて、いっとき私と組んで二輪の認証工場申請をしていたが、諸事情で急きょ業界からキッパリと足を洗ってしまった。その置き土産がいくつか手元にあったりする(ほんの一部👇)。

f:id:fineroad:20210901161122j:plain

 畳むと地面とフラットになるよう設置したバイクリフトは、彼の店のパクリだ。

 

f:id:fineroad:20210901162349j:plain

 あこがれの彼の店はオールステイツ製だったっけ…

 もし彼と認証取得していたら、私とちがって経営感覚がしっかりしていて、大型バイク志向が強かったので、その流れで私もそういう展開になっていただろう。

 だが彼から安く譲ってもらったℤ1300も、私にはとても手に負えず、そして他業種に鞍替えした彼から店を引き継がないかと言われたが、熟慮してお断りし、そのまま疎遠になっていた。

 

 「今でもレースやってるの?」と聞かれたので、「カブのレースやってます」と答えたら、「・・・?」。そして、つもる話もお客さんの来店で中断となった。

 

 そんな懐かしい余韻に浸りつつ、今年の夏(8月)も終わるのか~と思っていたら、昨日(8/31)、バルーンモーリーがまた出産して大変なことに…

f:id:fineroad:20210901171804j:plain

            里親さん募集してます!

見通し

 閉塞感のなか、自転車通勤が生活に変化をもたらしてくれて楽しい。

 

 そんな折、自転車事故を見てしまった。ガソリンスタンドに入ろうとした車とロードレーサーが、なんらかの状況で接触したようで、自転車の人は、意識はあるが立ち上がれない状態だった。

 

 事故現場は自宅から仕事場への道路途中にあり、私の当初の自転車通勤路だった。

 片側一車線で道路幅が狭いわりに大型貨物車から乗用車、バス、オートバイそれに自転車と交通量も多い。

 歩道もあるが、モノレールの駅や学校、コンビニ、ファミレス、スーパーもあり歩行者やランナーそれにママチャリとこちらもなかなかのもの。

 

 自転車はどこでも走れるようでいて、その実どこも走りずらくかつ危険だと実感する。私も基本的には車道を走るが、車に抜かれる時の恐怖と言ったらない。

 迷惑をかけないように走っているつもりでいるけれど、各ドライバーとの意思の疎通は難しくストレスだ。

 

 そこで、そのメイン道路を避け、裏通り?コースで通勤するようになった次第。    

 だが裏通りは交通量は少ないのだけれど、帰宅時がとにかく暗い。 

 自転車でも下りはそこそこスピードが出るし、暗さの恐怖がスピードに比例するのは、オートバイや車の感覚が染みついているからだろうか、お気に入りの100均のシンプル&コンパクトなヘッドライトが用をなさないと感じた。

 歩行者や犬の散歩も多いので、お互いの被視認性も考えて、ヘッドライトに強力なものを用意した。

f:id:fineroad:20210825153042j:plain

 右が100均ライト、真ん中が強力ライト、左はテールライトで全てLEDだが、特に強力ヘッドライトはJIS規格の5倍の2,000カンデラとある。

 これで自転車通勤路の見通しは良くなるはずだ(今夜初使用)。

 余談だがこのメーカーさんの所在地がすぐ近くで笑った。台湾製だが。

 

 ところで見通しといえばコロナ禍のオートバイ業界はどうなっているのか?

 先日、廃タイヤの回収に来てくれた問屋さんから話が聞けた。一人で仕事をしていると、こういう生の情報が貴重なのだ。

f:id:fineroad:20210825155240j:plain

 新車の供給が滞っている状況は未だ改善されておらず、メーカーはモノによっては受注もストップしているという。納期が回答できないからだ。

 店頭に並ぶ在庫車両は値引き0、中古車価格も高騰しているという。

 修理がメインのお店はまだいいが、販売が主体のショップは見通しが良くないのは想像に難しくない。

心掛け

 カブカップの相棒O氏が、カートコースに練習に行きたいようでめずらしい。

 

 今年のカブカップは最終戦(12月12日)を除き土曜日開催ばかりで、土曜日勤務の私は出場できないから、走りたくてうずうずしているのかもしれない。

 

 オリンピックが終わったので、そろそろ富士スピードウェイも使えるかと思ったら、パラリンピックでも自転車競技があるので9月の終わり頃までダメだとO氏は残念がっていた。

 せっかくのやる気もそがれてまた釣り人に戻ってしまうのか…

 ちなみに私は練習には行かないタイプだ。

f:id:fineroad:20210819184741j:plain

 たまたま出先で見掛けたTOKYO2020女子ロードレース。オリンピック選手は死ぬほど練習してきたんだろうなあ~。

 

 雨天ばかりの夏休みに、コロナ自粛の練習ということで家に籠ってみようとしたが、一日しかもたなかった。

 何かお金を使わずに楽しめることはないかな~と思っていたら、こんな漫画をみつけた。

f:id:fineroad:20210819185534j:plain

 主人公はN-VANに乗っている。ウチの車はエブリイだし、車中泊にはバッチリ。秋の連休がまた雨続きでも車なら家に籠らずに出かけられていいかも。

 

 そんなことを考えていたら、今朝カブのエンジンが掛からない。キャブをバラしたら水が混じっていた。今日はバイクの日だった。

f:id:fineroad:20210820093318j:plain

 

対温暖化

 自転車通勤をしている。

 6月までは徒歩通勤、7月はバイク通勤、そして8月は自転車(雨の日除く)。

 

 バイク屋なんで、車より自転車より徒歩よりバイクが好きではある。が、身体が資本の個人事業主ゆえ、運動不足を補うために通勤時を有効活用したい。

 徒歩通勤は元々それだけが理由だった。

 

 昨今の報道で、温暖化対策も待ったなしといった状況になっているし、特に真夏の温暖化ニュースはよりリアルだ。

 そこで自転車をもっと積極的に利用したいと思ったわけである。

 

 ただ車道は走りづらい。対 自動車がとてもストレスだ。

 そこで発想の転換で、メインの道路をなるべく通らない通勤ルートを考えてみた。

 近いんだから、最短で通勤する必要はないし、10分が15分になったって、アップダウンが増えたって、むしろ脚力アップには良い。歩行者がいれば徐行して通過すればいいし、危険なら自転車を降りたっていい。

 と、こんな風に思えるようになったのは老化かもしれないが、だとすればそれは悪くない。

 

 でもバイクに乗らなくなると、バッテリーが上がったり、ガソリン劣化でエンジンが掛かりにくくなったり、マフラーにハチが巣を作ったりするので注意が必要だ(笑)

f:id:fineroad:20210811185028j:plain

 明日(8月12日)から夏休み(16日まで)をいただくが、天気がいまひとつのようだ。バイクで出掛けたいが、どうなるか…